【読書】マンガでやさしくわかる傾聴

私は自分のことを話すのが大好きで、話したくてたまらない体質。話すことより聞くことのほうが大事だとはわかっているのですが……どうしてもベラベラ余計なことを話してしまう。

そこで、傾聴を学習して、聞くことにバランスを寄せていこうと思い、この本を購入してみた。

マンガでやさしくわかる傾聴

マンガでやさしくわかる傾聴

 

マンガの導入+説明の文章、という構成。説明部分はやや長め。結構、著者が心理学の講習の中でどんなことをやっているか、など細かい部分まで書いていて、ためになる。

「ポイント」

  • 聞くでなく、聴く
  • 傾聴は同感・同調ではない
  • 話し手の想いに共感しながら聴く
  • 話の内容を判断しない

ただ、主人公が「傾聴スキルがあれば人生が変わる!」みたいに、傾聴は万能な形でしめくくっていたので、そこはなんか違うよなぁと思った。